団体の種類を知っておく

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

NLP資格を認定できる団体が複数あることは意外と知られていませんが、日米の情報を整理してみます。

米国のNLP事情

まずはNLP発祥の地、米国を見てみましょう。実はNLP創始者が商標をとっていなかったため、NLPの名前がついた団体は複数存在しています。唯一のものがないため、その信頼性は規模や実績、人気が大切な判断基準です。

米国NLP協会(バンドラー)

ふたりの創始者のうち、リチャード・バンドラーが設立した協会。日本でよく知られている米国のNLP団体のひとつでもあります。

もうひとりの創始者、ジョン・グリンダーはバンドラーと別路線で研究を進め「ニューコードNLP」を開発し、提携校のコースを修了した受講生に認定証を発行しています。

米国NLP協会(ホール)

米国NLP協会は同名でもうひとつ存在しています。クリスティーナ・ホール女史が設立した団体で、バンドラー氏の団体と同じものではありません。

ただ、教え方としてどちらが劣るということではないので、実際のスクールやコースについては、先入観なく判断してください。

現在の主流である3大NLP

さらに、米国では創始者の団体だけでなく、3大NLPとよばれる団体も存在しています。

  • 全米NLP協会
  • NLPコンプレヘンシブ
  • NLPユニバーシティ

この3つの団体は、NLPの共同研究者達が立ち上げたもの。

創始者が数年ほどNLPから離れていたことや、より実践的であるという理由もあり、現地では創始者団体以上の人気を博しています(米国NLP協会は通訳付き日本人受講者が多すぎ、ネイティブ達が敬遠しているという話も聞きます)。

ただし、この3団体は資格取得の難易度も高いことで知られています。たとえば基礎のプラクティショナーコースの所要時間は、3大NLPの100時間以上に対し、創始者団体では55時間以上。

トレーナーコースの難易度も3大団体のほうが高く、さらに最近までは通訳つきの講義もなく、ごく一部の日本人だけが学べる状況だったのです。全米NLP協会など日本と米国での知名度が大きく異なるのは、そんな背景事情があります。

日本のNLPは独自のもの?

日本の大手NLPスクールは、米国の協会や団体と提携しているケースがほとんどです。その場合は、教える内容も本国のワークに沿ったものとなります。

ただ、認定=教えている内容がすべて一緒、とは限りません。翻訳するだけでなく「日本にあわせて」といって、独自のアレンジを加えているスクールも少なくありません。多くの場合はホームページなどで「日本流にしている」と公開していますので、本家の内容にこだわりたい場合はよく確認しましょう。

ひどいケースですが、本国での最新の研究内容をアップデートせず、いつまでも古い内容を教え続けることもあります。本国の団体との関係が密かどうか、テキストやゲスト講師セミナーの質からも判断したいものです。

NLPスクールガイドin東京