ビジネスで活かすなら

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

ビジネスで強いといわれるNLP団体をピックアップして紹介します。

NLP-JAPANラーニングセンター

  • プラクティショナーコース : 10日間
  • マスタープラクティショナーコース : 12日間
  • 修了資格 : 全米NLP協会認定・日本NLP協会認定

日本国内でNLP関連では唯一認可されている"日本NLP協会"が運営するスクール。

日本では最大規模の団体で、すでに1万人の受講者がいます。

現在アメリカで3大NLPといわれている全米NLP協会と提携しており、最新のカリキュラムを常にセミナー内容に反映。全米NLP協会のプログラムは英語圏のNLP受講者に人気があるため、グローバルに活躍する人材からの支持が高いようです。

ビジネス面に強いという評価や実績で、常に人にあふれて活気がある反面、若い学生や主婦など、癒し・セラピーを求める受講者の割合は比較すると少なめです。

どこよりもトレーナーのレベルが高く、NLPトレーナー向けトレーニングを2つ以上修了している講師のみが教える(他のスクールと比較しても、日本トップクラスで厳しい基準です)という点も特徴です。

シナジープラス

  • プラクティショナーコース : 6日間
  • マスタープラクティショナーコース : 6日間
  • 修了資格 : 米国NLP協会認定(バンドラー氏公認)

少人数のトレーナーで、やはり少人数制のクラスメインで運営しているスクールです。法人向け研修を主催する実績もあり、ビジネスに主眼を置いた内容といえます。

DVD教材や短期集中クラスをメインにしているので、駆け足でも急いで学びたい人にはおすすめですが、じっくり実践&反復しながら身につけたい、というタイプの方は今一度検討したほうがいいかもしれません。

また、2日間の体験速習セミナー(95,000円)の説明では「ある程度のコミュニケーション能力を有する方に参加してもらうのが望ましい(例:実際に人と接する職、社内コミュニケーションが必要な方)」となっています。

都内NLPスクール比較ランキング

NLPスクールガイドin東京