可能性に目を向ける質問

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

もしも、NLPを使ってセルフコーチングをするとしたら、メタモデルの中に、可能性を探っていく質問の方法があります。
それを使うことで、可能性にフォーカスして、今までとは別の選択肢やアイデア、発想が生まれるかもしれません。

今からご紹介する、NLPのメタモデルの質問は、2つの角度から皆さんの可能性に光をあてることができます。
かりにこの質問をあまりしていない方でしたら、いみのある質問になります。

  • 「もしできたとしたら?」
  • 「止めているものは何?」

プラスとマイナスの両面からアプローチするNLPを使った質問です。
幾つかの事例をご紹介していきます。
東京でNLPを学んだ女性は、人間関係で悩んでいました。改善のために、コミュニケーションのテクニックを覚えたのはいいのですが、根本的な問題は、自分の中にあるマイナスの信念でした。人間関係で傷ついた経験殻です。

東京でNLPを学んだ女性は「止めているものは何だろう?」と質問することで、自分を止めている障害や原因に目を向けることが出来ました。
止めているものに目を向けず、新しい資質にばかり目を向けるだけでは解決しにくい例です。

もう一人、NLPを東京で学んだ男性は、物事をマイナスに見がちだったそうです。
しかし、「もしできたとしたら?」という質問を思い出すたびにするように心がけたそうです。
その内に、段々と自然に可能性に目を向けるようになってきたそうです。
質問というツールを使って、自然に可能性に目を向けようとした例です。

これがNLPのメタモデルの質問です。大切なのは、2つの質問をすることです。
是非、試してみてください。かなり使える質問です。

NLPスクールガイドin東京