メタモデル

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

メタモデルとは、NLPの中では基本的な要素になります。
それは、メタモデルの持つ要素と役割が生んでいます。
私たちは、日常的に多くの情報に出会い、その一部分が自分の意識に現れてきています。心理学で言う顕在意識に現れてくるものです。
実は、多くの情報ですが、実は無意識の領域にはしっかりと入っていると心理学では言われています。

では、どうして私たちは同じ情報を耳にして、目にして、身体で感じているのに、人により受け取るものが違うのでしょうか?
それはご存知の通り一人ひとりの体験や経験が違うからなのです。
NLP資格のセミナーでは、ここをもう少し詳しく教えてくれます。

私たちの体験や経験は、信念や価値観を形成して、良くも悪くも一つのフィルターとして存在しています。
NLPを東京で教えているトレーナーさんは、そこを踏まえて、適切な思考や行動を取れるようにするのがNLPのメタモデルの目的でもあると教えてくれます。
私たちの体験や経験から出来たフィルターは、外部から入ってくる情報を、削除、歪曲、一般化というプロセスを通して自分なりの情報の認識を生み出します。

それを思い込みや偏りと言います。先ほどの東京のNLPトレーナーさんは、その思い込みや偏りを一度もとに戻すのがメタモデルの役割と話しています。
完全に元通りの情報にはなりませんが、少なくとも、自分の思い込みや偏りに縛られすに、ありのままに近い状態でものごとを認識しなおすことができます。

このようにNLPのメタモデルを使うことで、東京のトレーナーさんの言うように、人生や自分、他人とのコミュニケーションでも役立てることができます。

NLPスクールガイドin東京