NLPに関する用語

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

こちらでは、NLPにかんする用語を解説します。各用語について詳しい解説をしていきます。

NLPとは?

NLPとはNeuro-linguistic Programmingの略で、日本では神経言語プログラミングと呼ばれています。

NLPは、1975年、アメリカ・カリフォルニア州のジョン・グリンダー博士とリチャード・バンドラー氏によって共同開発されました。

対象者の行動パターンや言葉遣い、無意識に行われた動きなどを観察しながらこれを体系化しました。天才と呼ばれる人と、平均的な行動を行う人との違いを研究していきました。

さらに言語学や心理学といった分野の理論を融合することで、天才になるための高パフォーマンス理論を確立していきました。

今では実用的な学問のひとつとして活用されています。

欧米におけるNLPとは

NLPの誕生以降、欧米では多くの心理学者がNLPを取得するためのコースを受講してきたといわれています。

心理療法が原因の追究にフォーカスしていた当時、NLPは改善への方法を追究する姿勢で心理学者たちを魅了しました。より具体的な方法論を考えることで、短期療法への道を開くことができたのです。

NLPにかかわる用語は多岐に渡る

NLPとは、言語学や心理学を体系化された行動パターンや言葉遣いなどとともに理論化された学問です。

従って、NLPにかかわる用語は異なる分野をまたぐ総合的なものになることがわかると思います。もちろん、各分野の専門知識を深めることで、用語そのものの概念をより深く理解することができるでしょう。

現在では心理学者やセラピスト、カウンセラーをはじめ、政治家や経営者、弁護士、武道家や芸術家、ビジネスマンや学生といったさまざまな分野の人物に影響を与えています。

NLPの方法論を応用することで、より多くの人々が天才パフォーマーへと変身することができる可能性を秘めているのです。

NLPスクールガイドin東京