NLPの活用方法

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

NLP、「神経言語プログラミング」の活用方法や効果を紹介しています。

NLPの活用方法や効果を紹介

NLPとはNeuro-Linguistic Programmingの頭文字をとって略して呼んでいるもので、日本語では「神経言語プログラミング」と訳されます。

NLPを習得すると、脳が覚えてプログラミングしてしまったネガティブな行動パターンや考え方を、ポジティブイメージに調整修正できるようになるそうです。

非常に優れたコミュニケーション心理学の一つで、習得後の活用方法や効果は多岐に渡ります。NLPは自己実現が果たせることから、医師や弁護士、ビジネスマンからスポーツ選手とあらゆる職業の人が活用しているようです。

このカテゴリでは、ニーズが多そうなビジネスの現場での活用方法や効果などを紹介してみます。

  • 営業スキルの向上
  • コミュニケーションスキルのUP
  • 人材の育成にも活用
  • 行動範囲が拡大
  • イメージの明確化
  • 可能性の多様化
  • ストレスに勝つテクニックを習得

NLPは元々心理療法の現場で活用されていた理論で、上記は幅広い療法のなかのごく一部です。
心理セラピーなどの専門分野でスキルを活かしたい場合や、ビジネス面以外の情報を入手したい場合はスクールに問い合わせてみてください。

NLPスクールガイドin東京