本当に?と聞く理由

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

「それは本当ですか?」

NLPの中には、疑惑を導入する質問があります。「本当に?」です。この言葉は、コミュニケーションにおいて相手に不快な感情を与えそうと考えがちですが、間違いではありません。ただし、使い方を適切にしていくことで、思考を広げて、深めていくことが可能です。

例えば、NLPを東京で教えているトレーナーさんがよく使う言葉をご紹介しますと、「本当に?」「それは本当ですか?」と相手に対して問いかけてみたり、自分に対しては「本当に?」「本当か?」「これは事実なのか?思い込みか?偏っていないか?」という問いかけるそうです。

先程もお伝えしましたが、NLP資格のセミナーで教わる質問のテクニックです。
「メタモデル」という内容で学びますが、NLPを東京で教えているトレーナーさんは、一見、「本当?」という質問は使い方次第で、人を不快にすることもあるし、現にそうしてしまっている方も少なくないと話しています。
ただし、使い方を適切にすることで、素晴らしい質問にかわります。なぜならば、それがどんなに考えぬかれた思考や結論であっても、疑惑を導入された瞬間に考え始めるからです。
この時に、思考が浅いか、深いかに関係なく、頭が動き出して、さらに、アイデアや思考を活性化させ、進化させ、洗練させることは多々あります。
あるいは、NLPを東京で教えているトレーナーさんの話では、思い込みや偏った思考を手放したり、見直すきっかけになると話しています。

つまり、NLPのメタモデルの「本当に?」という言葉をベースにした、疑惑を導入する問いかけは、他者にも自分にも使える、思考や事実を整理し、見直し、洗練させるためのツールにもできます。

では、相手を不快にさせないような使い方をご紹介していきます。下記のポイントをまずは押さえてコミュニケーションを取るということが大切です。

東京のNLPトレーナーさんは言います。

  • ラポールを築いてから問いかける
  • 相手のことを大切にして、隣で寄り添うスタンスで聞く(使う)
  • 話し方や声をペーシングする これだけで随分と変わります。

まずはご活用下さい。重要なスキルになります。

NLPスクールガイドin東京