神経言語プログラミングの利点

コミュニケーションの達人になれる資格取得を目指す

こちらのページでは、NLP(神経言語プログラミング)の資格とはどのようなものか、何を学び、得ることができるかを整理してみましょう。

NLPを学びたいという方で、やはり多い理由が「知人や上司、同僚に薦められた」というものでした。ですが「NLPの資格ってどんなもの?」というと…意外に、あまりよくわかっていなかったりします。紹介者というひとつの例を知っていても、さらに一般的な評価について知りたいという相談も多く受けますね。

実際、NLPは実践しながら学んでいくスキルなので、本を一冊読んだからといってコースで学ぶのと同じことをスラスラと理解できるものではありません。体験セミナーでも構わないので、実体験を通じて理解していくことが大切といえます。

とはいえ、具体的にどんなメリットがあるのか、どんな人が実践しているのか、ある程度は明確にわかっていたほうが、資格をとるうえでもモチベーションとなりますよね。

ここでは、NLP資格をとるメリットについて、あらためて3つの視点から考えていきます。詳しくは各ページもご覧ください。

(1)資格が資産となる

NLPが資格としてどのように活きるのか。税理士や司法書士資格、宅建など、資格=免許のようなケースもありますが、世の数多くの資格がとりっぱなし、さらに覚えた知識もほとんど活かされないままに埋もれていきます。

NLPは、実際にビジネスで「はったりをきかせる資格」ではなく「実際のスキル」として活用できることがポイント。他にNLPを学び、活かしている先輩達の実績が、NLP資格取得者への評価を高めています。

(2)人脈とビジネスチャンスが広がる

さらに、NLP資格を持っているビジネスパーソン同士の交流があります。ビジネスマンや起業家、専門職の多いセミナーでは、特に異業種交流会やビジネス勉強会という形で、受講者同士(さらにその知人)へと、人脈の輪が広がっていくことも少なくありません。

刺激や成長だけでなく、実際のビジネスチャンスに繋がる例もあります。

(3)グローバルな人材へと成長できる

最後のポイントは、NLPが日本だけでなく、世界で活躍するためにもふさわしいメソッドであることです。実際にグローバルに活躍している著名人で、NLPの手法を活用している人々も紹介していきます。

NLPスクールガイドin東京